コンパクトカーとは

0 Comments

コンパクトカーは、車検証などに記載される明確なボディタイプの名称ではありません。一般的なコンパクトカーは軽自動車より大きく、普通車の中では小さい自動車のことを指します。
コンパクトカーは普通車の中で最も小さい自動車です。日本でのコンパクトカーは全長4.2m以内、全幅1.7m程度が多いでしょう。国土が広大なアメリカなどの自動車大国では日本のそれよりも大きなサイズまでコンパクトカーと表現することがあります。
コンパクトカーは軽自動車の横幅1.48mと比較して横幅や足元が広く居住性が良いことが利点でしょう。しかし、軽自動車専用でない駐車場に駐車するときには他の普通車を基準に作られているので、とても広々と停車することができます。ほかにも、軽自動車と比べエンジンパワーやトルクなどに優れ登坂などで優位性を見せることがあります。また、車両価格が軽自動車と近く、軽自動車の上位モデルと比較すると逆転していることも少なくありません。また、乗車定員が5名であることも見逃せないでしょう。
他方で軽自動車と比べると税金の割高感が否めません。普通車と比較すると小型である欠点が目立つようになります。前方のエンジンルームが狭いので衝突時にエンジンが壊れることで客室に影響が及びにくいようにする設計が主流のなか、全長を短くするために小型にしたエンジンルームは衝突時の安全性で劣る傾向にあります。また、設計思想が街乗り、短距離であることの多いコンパクトカーは、長距離のドライブや仕事などで長時間運転しなくてはならない場合にはドライバーに披露が溜まりやすいとも言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です