個人事業

0 Comments

一口に起業すると言ったとしても、個人事業として起業をする人もいれば、会社としての法人を作ってから、起業をするという人もいて、どちらにも良い点や悪い点があり、なかなか簡単には決められるものではありませんが、自分自身がどのような形で企業をしたいのかということを、まず考えた上で進めていくことが何よりも重要だと言えるかもしれません。

つまり起業をすることになったら、個人か法人かを選ぶことになるわけで、自分に適してない方を選んでしまえば企業をした後のサービスがうまく進まないということにもなりかねませんから、注意をしておく必要があるといえてしまうかもしれません。

一般的に個人事業というのは、自営業という職業に該当するため、株式会社と言った会社を立てずに自分自身で個人的に事業をやっている人ということになります。税務処理であったり、確定申告であったりということを全て自分一人で行わなければならない点は、やや苦労する面があるかもしれませんが、はっきり言ってしまえば、このような作業は慣れてしまえば苦しくない部分もあり、何年も続けていけば手順がはっきりとするため離れてしまうかもしれませんね。また、ある程度の所得がある場合には個人事業税と呼ばれる新たな税もかかってくるようになるため、どの税がいつかかるのかということをしっかりと把握しておくことが、法律に則ってクリーンに事業を行う上ではとても重要だというふうに考えてもいいのではないでしょうか。個人事業として起業をすることの大きなメリットは、初期投資がほとんど必要ないということです。法人を立ち上げるという風になれば、多くのお金が必要になるわけですが、個人事業の場合には自分自身で然るべきところに開業届を提出すれば起業をすることができてしまうため 、簡単に起業をすることができるということは覚えておいて損はないかもしれません。

そして、1年間を通した収支が赤字であるような場合には、所得税もかからないという風に、ある程度個人事業主に対して優遇が働いている場面もあるということは、覚えておいて損はないと言えそうです。また、廃業にする際にもほとんど手続きはなく、社会保険といった面倒な手間もありませんから、この点に関しては法人を立ち上げするよりもいくぶん楽な部分はあると言えるかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です