恋多き多き女と仕事

0 Comments

ココ・シャネルは、恋多き女性であったといわれています。

一流と呼ばれる男たちとの浮き名が数多く残されているのです。
これだけ多くの逸話が残されていても、彼女の人生の中に、結婚の選択はなかったようです。
もちろん選択を強いられた分岐点は、幾枝もあったでしょうが、自力でシャネル帝国を築きあるという偉業を成し遂げ、莫大な富と名声を手にした彼女は、八十七歳まで職場での最前線を現役で貫き、かつその時代の女性には考えられないような超人的なヴァイタリティで生き抜いていきました。

波乱な人生の中で彼女は、自身の才能を伸ばす男性に巡りあっています。
その中でも最も決定的な出会いと言われているのが26歳の時の出会いです。
彼は本気で彼女のビジネスを応援し、その存在が生涯彼女を支え続けたと言っても過言ではないかもしれません。
彼とは、残念ながら交通事故による死別を遂げ、彼女を失意のどん底に陥れます。

どんな新しい恋人に巡り会おうとも、ビジネスで大成功を納めようとも、彼女の心の空洞は彼の為に空けられていました。
それを象徴するかのごとく、シャネルの社のロゴマークはイニシャル「C」が背中合わせに組み合わされています。
シャネルの「C」と死別を遂げた彼のイニシャルが寄り添った形で表現されているとも言われています。
恋と仕事、その両立が創作への意欲であり、インスピレーションの源でもあったようです。
そのような生き方が多くの女性の指示を得ているのも確かでしょう。