厚化粧とショートカット

0 Comments

写真に残されたシャネルの姿を目にした事のある人は、彼女の迷いのないような表情に惹かれることでしょう。
自分が自分であるという事が、尊いことであるという事を自負する誇り高き姿だったのかもしれません。

1917年シャネル34歳の時、彼女のトレードマークである短い髪、ショートカットのシャネルが生まれます。
その時代、最先端を行く女性たちは、髪を切り始めたのですが、シャネルはその中でも目を引きました。
その時代の少し前に流行っていた女性と真逆を行くからでしょう。
前世紀にもてはやされていた、女性たちの豊満 な美からはほど遠かったのですが、ボーイッシュな洗練された女性としてのシャネルがそこに存在していたのです。

特に晩年、彼女は厚化粧を施すようになります。
その露骨な厚化粧にも彼女なりの信念が隠されていました。
「他の人のためにメイクをするのではなく、自分のために、自分でがあるためにメイクはある」という信念を持ち続けました。
今の自分にふさわしいメイクを、自分の気持ちが高鳴るためにメイクをするのだという信念から彼女の特有な厚化粧は生まれたのです。
有名なシャネルの赤のリップは、彼女の意図するまま現代を生きる女性たちの心も高鳴らせています。
シャネルの赤リップは、シャネルの買取り商品の中でも、リーズナブルではありますがロングランな人気を誇っている。

シャネル自身がブランドの広告塔であった為、体型維持、美貌の維持はビジネスの上でも必要不可欠なことでした。
その事を、重々承知していた彼女は、努力を惜しまなかったようです。
ストイックにひそやかに努力に勤しんだ姿は、彼女の姿を納める貴重な写真などの資料からも伺い知ることができます。
そんな彼女のライフスタイルから生まれた「美」こそが、偉業となり、また間違いなく、その隠された努力の上に成り立っているのだということを考えさせられます。