手が自由になるショルダーバッグ

0 Comments

1955年に発売されたショルダーバッグは、シャネルスーツとならんで、シャネルを代表するアイテムです。
バッグを小脇に抱えていると無くさないかと不 安になったシャネルが、バッグに革紐をつけてみたのが始まりであったといわれています。

あの独特のゴールドチェーンベルトのついたシャネルのショルダーバッグは、シャネル自身が愛用する中から生まれた、まさに、実用的なシャネルスタイルでしょう。
実際に、バッグを開けてみると、小物を仕切るデザインがされており、見た目と機能性の両方を含んでいます。

時が経っても愛されるそのデザインは、現代でも尚、多くの著名人があらゆるシチュエーションのもと愛用している姿が度々取り上げられています。
入手困難なシリーズなども含め、一生に一度は持ちたい運命のバッグとしても、定期的に特集が組まれるほど。

だが、忘れてならないのは、シャネルは、入手困難なシリーズを手にする女性を称賛するのではなく、手を自由に動かし、街をさっそうと自由に意志をもっ て歩く女性の為にこのショルダーバッグを生み出したのです。
希少価値を誇示するアイテムではないことを身に付ける前に、シャネルの思いを感じてもらいたいものです。