宝石、アクセサリー

0 Comments

宝石類、ジュエリーやアクセサリー類は、貴金属の中でも、専門性の高く、査定の難しい分野と言われています。
買取り業者によって様々な査定額を提示され、買い叩かれる可能性も高い為、慎重な段取りが必要でしょう。

ただ、シャネルの買取りなどのハイブランド商品に関して、ある程度、相場の安定が見込まれているのは、その品質そのもに対し保証されているものが多く、確実に高額買取りにつながる可能性は期待してよいでしょう。

宝石類の買取り査定は鑑定書の有無で、査定が大きく変わる例も少ないため、査定に望む事前準備として、鑑定書の有無は確実に把握しておきましょう。
ダイヤについては、鑑別書と鑑定書の二点を揃えておくのがベストです。

査定に望む前に、どうしても鑑定書、鑑別書をみつけることができなかった場合、それぞれ今からでも取り直しができることを覚えておきましょう。
おおよそ二週間ほどの手続き期間と、石のランクによって手続き費用が発生する為、事前調査は必須。
鑑定書、鑑別書の有無によって、査定額が大きく上下することもあるので、それぞれの発行料金との差額をきちんと調べておくべきです。

価値のある宝石類ほど、鑑定書と鑑別書が重要であるということは、念頭においておきたいものです。