ロレックスのメンテナンス

0 Comments

ロレックスは高級時計の中でも、丈夫な部類に入ると思います。
しかし、だからといって雑に扱っても良いというわけではありません。
長く使っていくものだからこそ日々の手入れを怠らず、きれいな状態を保てるようにしましょう。

まずは、リューズとベゼルのメンテナンス方法を紹介します。
リューズとベゼルは回転部品であるため、時間が経つにつれて日常のメンテナンスの効果が分かる部分です。
リューズとベゼルをしっかりと手入れしておくと、もしロレックスを買取に持っていく時も時計を丁寧に扱っていたことがわかるので買取金額がアップする可能性もあります。

最も重視するのが、定期的な掃除です。
掃除用の道具を購入する必要はなく、つまようじや歯ブラシできれいにすることができます。これらでベゼルやケースの隙間、リューズのねじ間などを掃除するのがおすすめです。

次に、ケースとブレスのメンテナンスです。
汗や水分に触れることが多い部分のため、きちんとメンテナンスをしないと錆びてしまうおそれがあります。
ブレスは時計から外して洗う必要がありますが、時計店などでブレスを外せる道具が数百円程度で売っていますので、今後のためにも購入しておくと良いでしょう。
薄めた食器用洗剤で磨き、必ず水分は拭き取ってください。
水分が残っていると、せっかく洗ったのに錆びてしまうからです。
ケースについては、柔らかい布でから拭きをしておけば大丈夫です。
ケースとブレスは傷つきやすいので、注意しましょう。