英語が覚えられない時

英語を勉強する上で、「これだけ暗記に時間を使っているのに、どうしても覚えられない」、もしくは「使いたい時にぱっと単語が浮かばない」という時はあると思います。これは初心者に陥りがちな現象です。例えば英語をよく知らないので、とにかく「インプット」に重点を置いてしまうのです。「暗記に時間を使っている」というのも事実ではあると思いますが、その時に「アウトプット」の方には時間を割いているでしょうか?恐らく、していないから記憶ができないのだと思います。

使わないと忘れる。これは全ての基本です。英単語や英文法、表現などをひととおり覚えたら使おうと思っている方もいると思いますが、それでは「ひとつ覚えてはひとつ忘れている」状態ですので、もったいないです。インプットとアウトプットをセットにすることで、はじめて英語が身に付くのです。

子供の頃を思い出してください。漢字を覚える時に、同じ漢字を10回、20回と書かされたと思います。その上で漢字テストも何度もやらされて、やっと考えなくても漢字が使えるという状態になったと思います。九九はどうやって覚えたでしょう。とにかく何度も何度も口に出して覚えさせられたと思います。あんな呪文のような言葉は、繰り返し口に出したことで覚えられたのです。では、大人になった今はどうでしょうか。英単語を何回も書き取りしていますか。覚えたい言葉を何度も口に出していますか。大人も子供も、記憶力は関係ありません。ましてや才能も一切関係ありません。身に付く勉強方法はひとつ、インプットをしたら、アウトプットをすることです。本を読むだけ、英語の動画を見るだけではインプットのみになってしまいます。「見るだけ学習」は止めましょう。