火葬場と白装束

昔、日本での喪服の色は白でした。

黒の和服はおめでたい色だったのです。

現在も白装束で火葬場に行く地域があるそうです。

喪主だけが白装束のところもあれば、親族全員が白装束で火葬場へ向かう地域もあるそうです。

日本で喪服が黒になったのは明治時代だそうです。

明治天皇の嫡母である英照皇太后の葬儀の際に、明治政府が哀悼の意を表す色として黒を採用したということです。

当時、黒を喪の色として使っていたのは西洋でした。欧化政策を進めていた明治政府は西洋からくる国賓にも恥ずかしくないようにしたかったと思われます。

その後、黒の上下に黒のネクタイという現在の喪服のような礼装が定められたそうです。

とはいえ、庶民は1950年頃まで喪服は白でした。

太平洋戦争中に葬式が多すぎて貸衣装屋が白の喪服では汚れが目立つという理由で、黒の貸衣装にしたそうです。当時、庶民は喪服を貸衣装で賄っていました。なので、大本の貸衣装屋が黒を貸し出したことで一気に喪服は白から黒へと変化していったといいます。

戦後、親族は通夜の席は平服でいいと言われていました。今では親族は通夜でも喪服を着ています。

喪服は喪に服するための洋服だと思うのですが、葬儀となると会葬者もみんな喪服を着ます。

喪に服するのは遺族なので、会葬者は喪に服する必要はないはずです。

欧米の映画に葬儀のシーンがありますが、親族以外は平服で参列しています。

中国や韓国の喪服は白ですが、この白い喪服を切るのは遺族だけだといいます。

考えてみると、日本の場合、葬儀に出席するさいに、女性はストッキングの色も決められていますし身につけるアクセサリーも決まっています。

日本は、仏前とか神前とか宗教に関係なく葬儀に出席する人は全員喪服を着るのがマナーと考えられています。

これは日本特有の習慣といえるかもしれません。