基本的な学習方法

学生時代、何かしらの教科の「テスト」を受けた記憶はあると思います。人によって、勉強方法は違うでしょう。しかしその中でも、得意教科と苦手教科があったと思います。特に「現代文」の教科に関しては、必死で勉強したという人は少ないのではないでしょうか。もちろん知識が必要になる日本語文法の単元などでは通用しないでしょうが、「現代文の教科は勉強しなくても点数が取れる」なんて思っていた人もいると思います。ですが何故、現代文に関しては必死な勉強が必要なかったのでしょうか。それはまず、「日本語」であるからであり、「日本語を読む事」には練習が必要ないからです。「この文章を読んで作者の気持ちを考えよ」なんて問題は、そもそも勉強の仕様がないですし、いくら国語が苦手という人でも、まるで取っ掛かりがないわけではありません。しかし例えば、「英語」などの教科はどうでしょうか。苦手だという人は、単語を一夜漬けで必死に詰め込んだと思います。

何故このような違いが出てくるのでしょうか。当然ながら、現代文をはじめとする国語は、ずっと日本語に触れてきたので抵抗が少ないのです。逆に「英語」は、普段からインプットが出来ていないので必死で詰め込むことになるのです。逆に言えば、普段から触れていれば「抵抗なくテストに臨める」ということです。これは英語でも全く同じです。普段からしっかりインプットとアウトプットをしていることで、英語に慣れておけばいいのです。この「テスト」の機会は、道で外国人に道を聞かれるなど、抜き打ちで行われるかもしれませんし、英語教室に通う事で機会があるかもしれません。一夜漬けでのその場限りの対応をしたり、分からないということがないように普段から英語に触れていましょう。