コミュニケーションを取る

英語は言語ですから、そこにコミュニケーションが生まれます。例えば、外国人を目の前にした時、「コミュニケーションを取る意思」を持って、英語を使うことができるでしょうか。大切なのは、美しく発音することでも、正しい文法を使えるかではありません。

日本人は、「完璧」を求める傾向があります。また、悪い意味でとても自意識過剰です。例えば、自分は上手に発音できないからと恥ずかしがって英語を話さない時です。学生時代、わざとカタカナ発音で英語の教科書を読んだ人もいるかもしれません。あれも「完璧っぽい英語を話すのが恥ずかしい」という気持ちからきていると思いますが、大人になった人で、綺麗な英語を話せる人はどれだけいるのでしょうか。余計な自意識が、英語学習を妨げているのです。

逆に日本人が、外国人の使う間違いだらけの日本語聞いても「発音が悪くて恥ずかしい人」なんてことは、もちろん思わないでしょう。外国人も同じです。一生懸命に母国語を話そうとしてくれる人に良い感情は持てども、笑われることなんてありません。また、日本人は特に無口ですので、拙くとも英語を話していれば驚かれるくらいにハードルは低いのです。

恥ずかしいのは「拙い英語を話すこと」ではなく、「照れてコミュニケーションを取らないこと」だと思ってください。よく恐る恐る「自分の英語は合っているかな」といった態度で発音をする人もいますが、大切なのは堂々とすることです。間違っていても、何も話さないよりはずっといいことです。コミュニケーションの意思があれば、向こうも同じように応えてくれますし、英語を口に出すことで「英語」そのものに慣れることができます。間違えるかもしれない、ではなく、経験値が上がる場だと思って億さず話しましょう。